なぜこの会社を選んだのですか?

きっかけは薬局実習です。

学生のころは「薬局薬剤師って薬出してるだけでしょ」と思っていました。しかし、実習の中で薬局薬剤師の知識の深さ、プロとしての意識の差に衝撃を受けたことを今でも覚えています。「自分もこんなかっこいい薬剤師になりたい」そう思いました。

どの店舗も薬剤師・事務員含めた職員全員がプロとしての意識が高く、いい職場環境と感じたため、「この会社に入りたい。この人たちと一緒に自分を高めたい」と思い入社を決意しました。

どの様な雰囲気の職場ですか?

エンゼル薬局では、社長と年に1回の面談をします。社長面談と聞くと厳しそうなイメージですが、全くそうではないです。

私の場合は仕事の相談だけでなく、私生活についても気軽に相談しています。

気になっていることや要望を社長に直接伝えることができるのは、会社全体の連携の良さに繋がっていると感じています。

また、自分と同じ目線で考えてくれる先輩社員も多く、店舗を超えて気軽に仕事の悩みなど相談できます。

社長や先輩の薬剤師など、すべての人に気軽に相談できる職場です。

どのようなとき、仕事にやりがいを感じますか?

患者さんから感謝されたときにやりがいを感じます。

単に自分の知識を話すのでは患者さんには喜んでいただけません。

患者さんが困っていること、不安に思っていることを把握したうえで薬剤師としてできることを考えるのが大事だと思います。

病気のこと、薬のこと、薬局に対する期待、患者さんのニーズはそれぞれなので、個々の患者さんにあった対応を心がけています。

自分で学んだ知識により患者さんのサポートができ、患者さんから感謝の言葉を頂いたとき「薬剤師をやっていてよかったな」と感じます。

特に印象に残っているお仕事について、具体的に教えてください。

投薬の中で患者さんの悩みを解決することが出来たことです。

不整脈に罹患している患者さんが抗不整脈薬を服用していても効果があまり得られない、診察でも原因が分からないと悩んでおられました。

服薬状況や薬の相互作用は問題なく、また、他薬への変更の提案につても検討しましたが、薬での症状改善は困難な状況でした。

患者さんの生活習慣の聞き取りを進めている中でコーヒーを多量に飲む習慣があることが判明し、コーヒーを控えるように提案したところ、コーヒーを控えるようになってから不整脈は改善されました。

この経験を通じ「患者さんのために薬剤師としてできること」をより意識できるようになりました。

仕事において心がけていることは何ですか?

何か物事を判断するときに、一度客観的に判断するよう心がけています。

以前、私には突発的に物事を判断する傾向があることを指摘されました。

そのため一回頭の中を整理してから判断するよう心がけています。

もちろんわからないことがあれば他のスタッフに相談します。

客観的視点を持つために、日々の業務で他のスタッフがどういう判断をしているか見て学びながら仕事するよう心がけています。

そうすれば自分が物事を判断するときに、多くの視点に立った考え方が判断材料になると思います。

物事が起こる前に他の人からできるだけ多くのことを吸収し、それを客観的な視点として活用するよう心がけています。

今の目標を教えてください。

今の目標は、患者さんと店舗のスタッフから頼られる管理薬剤師です。
自分の店舗のスタッフをまとめ、患者さんをサポートしていくところに憧れを持っています。

管理薬剤師は店舗スタッフから頼られる存在でなくてはならないと私は考えています。

そのためには、すべての業務内容について把握しておくことはもちろんのこと、店舗運営における判断力、患者さんへの対応、店舗スタッフとの人間関係の構築等を身につけなくてはならず、これらはすぐに身につけられることではないと思います。

日々の業務でこれらのことを意識し、自分ならこうすると考えた上で、私が現在勤めている店舗の管理薬剤師がどう決断しているのか、どのような発言をするのかを参考にさせて頂いています。また、疑問に思う点は直接聞き勉強させて頂いています。

まだまだ至らない点ばかりですが、夢に向かって日々精進しています。